沿革

1973(昭48)10月 筑波大学開学
1976(昭51)  4月 上野賢一教授着任。筑波大学皮膚科の歩みが始まる。
                      10月 筑波大学附属病院開院。皮膚診療グループの活動開始。当初はスタッフ3名,週2回の外来からだった。
1977(昭52)  4月 矢尾板英夫助教授発令
1982(昭57)  8月 矢尾板秀夫助教授,自治医科大学教授に転出
1983(昭58)  1月 馬場徹助教授発令
1986(昭61)  7月 筑波大学皮膚科開設10周年を記念し,日本皮膚科学会第1回茨城地方会開催。
1989(平1)    9月 日本皮膚科学会第53回東日本学術大会主催
1991(平3)    3月 上野賢一教授定年退官。4月,名誉教授に。
                        8月 大塚藤男教授着任
1993(平5)    2月 岩田充助教授発令
1997(平9)    5月 今門純久助教授発令
2001(平13)  7月 第23回日本光医学・光生物学会主催
2002(平14)10月 第66回日本皮膚科学会東部支部学術大会主催
2003(平15)  6月 川内康弘助教授発令
2004(平16)  7月 梅林芳弘講師,秋田大学助教授に転出
2005(平17)  1月  第28回皮膚脈管・膠原病研究会主催
                        5月 第21回皮膚悪性腫瘍学会学術大会主催
2006(平18)  3月 日本皮膚科学会茨城地方会開催が第60回に達す。
2007(平19)  4月 大塚藤男教授,医学群長併任。
2011(平22)  3月 東日本大震災,同年の日本皮膚科学会第110回学術大会中止.
2012(平23)  6月 日本皮膚科学会第111回学術大会主催.
                      11月 第9回日本褥瘡学会関東甲信地方会主催.
2013(平24)  3月 大塚藤男教授定年退官.4月,名誉教授に.
                        4月 中村泰大講師,埼玉医科大学国際医療センター准教授に転出
                      11月 藤本学教授着任.