観察研究

現在,筑波大学皮膚科では多数の観察研究を行っております.その内容について御紹介いたします.全て個人情報の保護に細心の注意を払って行っておりますが,もしここに示す研究に参加をご希望されない場合はそれぞれの研究情報に連絡先が記載されておりますので,そちらにご連絡ください.


H25-35 悪性黒色腫の予後統計調査
H26-158 顔面神経露出温存手術における術後顔面神経麻痺に関する後方視的研究

H27-180 CREATIVE(進行悪性黒色腫に対するニボルマブの有効性評価に関する観察研究)
H27-207 皮膚筋炎の皮疹における病理学的探索
H28-45 進行期悪性黒色腫に対する抗PD-1抗体の臨床効果と有害事象との相関解析
H28-63 乳房外パジェット病におけるHER2発現と予後に関する解析研究
H28-65 
悪性黒色腫の新薬副作用関連遺伝子探索研究
H28-126 血管肉腫の治療および有害事象の調査
H28-139 血管肉腫に対するエリブリン単剤療法の有効性に関する多施設共同前向き観察研究
H28-157 抗PD-1治療の日本人悪性黒色腫患者への有効性と有害事象に関連するゲノムDNA多型の探索
H28-206 根治切除不能悪性黒色腫治療薬の末梢血中免疫担当細胞への影響の検討
H28-227 血管肉腫・乳房外パジェット病の発がんに関連する遺伝子の探索
H28-228 メラノーマ患者に対するPD-1阻害薬の効果と予後関連因子の検討
H28-229 乳房外パジェット病患者の血清中ケモカインを用いた疾患予後予測に関する前向き観察研究
H28-257 エリブリンの効果、副作用に関連する遺伝的要因の探索
H28-264 悪性黒色腫における免疫応答解析に基づくがん免疫療法予測診断法の確立
H28-265 人工知能による皮膚腫瘍診断システムの確立